在留資格手続き

「在留資格手続き」を社労士に相談する3つのメリット

①審査に通る可能性が高まる

②申請取次による時間の節約

③精神的ストレスの軽減

日本に上陸する手続きとして、在留資格認定証明書の交付を受けて、在外公館に査証、いわゆる、ビザを申請する方法が現在、一般的な方法として行われます。

 

在留資格認定証明書が発行されると、入国したい外国人の本国の日本大使館や総領事館で査証の申請を行った際、スムーズに査証の発行がなされます。そのため、在留資格認定証明書の交付を受けることが大切ですが、在留資格認定証明書を受けるための要件として在留資格ごとに、書類や添付書類が異なっております。

そのため、申請者自らが、申請書や添付書類を完璧に揃えて申請することは難しい現実があります。在留資格によっては、規定の添付資料以外にも添付資料が求められる場合もあります。この点、在留資格に応じた申請手続きに熟知した行政書士に申請を依頼することは、申請書類や添付資料の不備による、再提出などのリスクを回避することができます。

 

入国管理局の手続きに熟知した行政書士に入国管理局への申請の代行を委託することは、申請者の負担を軽減するだけでなく、申請の審査に通る可能性が高く、それによって、申請手続きのやり取りに係る時間の節約にもなります。

このように、入国管理局の手続きに熟知した行政書士に申請を依頼することは、安心して、本邦に入国できる保証が担保されることなり、入国したい外国人にとって、精神的な負担の軽減にも繋がります。

© 中嶋行政書士/社労士事務所